面接が得意になるブログ

面接に立ち会う事850回。【応募する人】【採用する人】両方の気持ちがわかるケイタが面接が得意になる方法を綴ります!

元転職エージェントが教える転職エージェントを使うメリット・デメリット

転職エージェントを使うメリット・デメリット


どうも【面接アドバイザー】のケイタです。
先日こんなツイートをしました!

 

 

結論から書くと、

メリット→

①自分では探し切れない求人に出会える!
②面接の総合対策をしてくれる!(履歴書・職務経歴書・面接対策等)

デメリット→
①担当差がかなりあり駄目な担当にあたると
転職がスムーズにいかない事もある
②エージェント都合で企業を薦められる事もある

 

という感じです。
デメリットも書いていますが、もし僕が転職を考えるなら
転職エージェント「も」使って転職活動をします。
それはデメリット以上にメリットの方が大きいからです。

 

僕は前職はいわゆるここで書いている転職エージェントでした。
そんな元エージェントだからこそわかる
転職エージェントのメリット・デメリット
を掘り下げて書いてみたいと思います!

f:id:mensetsublog:20200113001753j:plain

そもそも転職エージェントとは?

転職活動していると転職エージェントという言葉を聞くことも多いと思います。
そもそもこの転職エージェントとは何なのでしょうか?

 

まずは転職する際に仕事を探す場合、

 

①ハローワークで探す
②inde〇dやgoo〇le等の検索エンジンで探す 
③転職サイトで探す等

 

上記はあくまで自分で企業を探して自分で応募して面接に行くパターンです。

転職エージェントとは転職サイトにも付随している事もありますが
サイトに登録するとまずあなたに担当がつきます。
そこであなたの経歴や希望を伝えると転職エージェントがあなたに合った
企業を紹介してくれます。

自分で企業を探さないですし
企業への応募→履歴書・職務経歴書対策や面接対策もしつつ
応募企業への推薦書や面接の日程調整まで
転職エージェントが替わりにしてくれます。

あなたは面接当日までは転職エージェントとのやりとりだけで
企業に応募できるという仕組みです。

そんなに色々してくれてやっぱりお高いんでしょう?

 

いいえ!完全無料です!

 

なぜか?
それはあなたが企業に就職が決まれば
企業が転職エージェントに手数料を支払う仕組みになっているからです。

世の中人手不足+自社で求人応募しても良い人材確保が難しい中、
企業側も費用を払ってでも良い方を連れてきてくれる
転職エージェントはありがたい存在なのです。 


  

 

転職エージェントのメリット

①自分では探し切れない求人に出会える

自分で検索エンジンや転職サイトで求人を探していると時間もかかるし
「これだ!」っていう求人を見つけるのってなかなか難かしかったりします。

転職エージェントを利用すると事前に希望や経歴を伝えるので
その会社が持っている膨大な求人の中から
あなたの希望する求人に合ったもの・近いものを提示してくれます。

これってすごい楽ですよね(^^
僕が転職エージェントを使いたいなと思う理由は
やはりこの部分がものすごく大きいです。

面接の総合対策をしてくれる!(履歴書・職務経歴書・面接対策等)

面接が苦手な方も多いと思うのでこの部分も大きいと思います!
面接って人生で何回もするものではないですし、
人の面接も基本的に見る機会はないので
どうやって良いかわからない方が多いと思います。

退職理由は新卒ではないですし、
志望動機は学生時代にプラスして前職の仕事内容の掘り下げ等になるので
転職の面接って新卒の面接とは本質が違う所も一つのポイント!

 

会社によっては退職理由や志望動機を含めた
履歴書対策・職務経歴書対策はもちろん
面接の際にあなたが客観的に見て良い点悪い点を指摘するなど
総合的な面接対策を行ってくれる会社もあります。

僕がエージェント時代は総合的な面接対策まで全てやっていたので
エージェントを辞めた今でも総合的な面接対策が可能なんです(^-^


上記全て、面接に受かるように対策をしてくれるのが
転職エージェントです。

 

転職エージェントのデメリット

①エージェントに差があり駄目なエージェントだと転職がスムーズにいかない事もある

転職エージェントも人です。
例えば営業マンにも売れる売れないの差があるように
エージェントにも仕事ができるできないの差があります。

例えば、
・求人送りっぱなしで連絡あまりとらない。
・履歴書・職務経歴書対策等が割と適当。
・進捗連絡等、いわゆる報・連・相がスムーズにできない。
・年齢も若くそもそも転職もした事がなく転職する人の気持ちがわからない・・等。

エージェントもあなた一人だけではなく
何十人も抱えるので確かに大変ではあるのですが、
できるエージェントは人数など関係なくきっちり仕事をこなします。

②エージェント都合で企業を薦められる時がある

先日こんなツイートもしました

 

転職エージェントは応募者が入社して初めて企業から費用が発生します。
言い換えれば担当している人が誰も入社しなければ
全部無料でただのボランティアになってしまうのです。

 

本来あなたが主体の転職活動のはずですが
担当エージェントの質が悪かったり実力がなかったりする
とエージェント都合で意見を言う人もいるという事です。

ツイートのように「内定を辞退したい」や「面接を受けない」と
伝えると突然怒鳴りつけたり、
内定は辞退できないという訳のわからない事を言い始める
エージェントが中にはいるという実情です。

 

じゃあエージェントってやっぱり使わない方が良いの?

 

確かに上記のような可能性はあるので
それがめんどくさいと思う方は使わない方が良いかもしれません。
でも元転職エージェントとしての僕の意見は

転職エージェントも使って転職活動をすることをおススメします!

 

なぜか?
それはやはりデメリットの可能性よりもメリットの方が大きいからです。
世の中って約380万社くらいの企業がありますが
自分で求人を探すのって限界があります。

もしかしたら自分が知らない良い企業があるかもしれない。
その知らない企業を紹介してもらえる可能性があるのは
転職エージェントだけです。

それと面接対策もやはり大きいです。
面接ってあなたが大丈夫と思っていても
客観的に見ると間違っているポイントもあったりします。
面接を良く知っている転職エージェントなら
そのポイントに気づき修正してくれます。

せっかく良い求人に出会えても面接で落ちたら
元も子もないですからね(^-^;

デメリットもありますがその解決策もあります!

 

デメリットの解決策

上記のようにあなたが転職エージェントに対して
不信感や嫌だなという感情を持ったなら
すぐにエージェント直接ではなく所属会社に連絡して
違うエージェントに変えてもらいましょう!

ネガティブな感情を持ちつつだとうまくいくものも
駄目になってしまう可能性もありますので
違和感を感じたなら早急な対策がおススメです!

会社側も慣れていますので気にせず連絡して大丈夫ですよ!
もしその会社自体に不信感を抱いてしまったら
違う転職エージェントサイトにも登録してみるのもありです!

 

元エージェントがおススメする転職エージェント

僕自身の転職エージェント時代は小さい会社だったので名前は無名でした。

転職エージェントも色々ありますが、
下記の転職エージェントはもし僕が今転職するなら
登録しようと思える転職エージェントサイト5つです。

 

◆【パソナキャリア】

パソナさんの特徴は、

①業界・職種別の担当制になっているので業界に詳しいエージェントがフォロー
②創業時から女性の就労支援を行っているので女性転職実績も豊富
③未経験~リーダークラス、大企業からベンチャーまで幅広い30,000件以上の求人あり

 

【DODA】

 

 DODAさんの特徴は、

①普通の転職サイトには公開されていない求人も多数あり
②非公開求人も含めて業界最大級の100,000件の求人を保有
③転職サイトも兼ねているので求人を見るだけでもOK! 

 

◆【ジェイック】 

 

 ジェイックさんの特徴は、

① 元々教育会社なので就職講座や就職後も含めて丁寧なサポート体制
②全国15,000社以上の就職支援会社のうち40社程度しか認定されない優良事業者認定
③人柄を重視している企業の求人も多数あり徹底的にブラック企業を除外している

 

【DYM】 

 

 DYMさんの特徴は

①求人によって書類選考無しで面接が可能
②元々新卒求人に強くそれに付随して第二新卒・既卒・フリーター向け求人に強い
③最短1週間での入社や経歴学歴を重視しない求人も多数あり

 

【ウズキャリ】

 

 ウズキャリさんの特徴は

①20代専門なので若手人材を積極的に採用・育成している企業求人がメイン
②ブラック企業排除と共に内定率80%以上、定着率90%以上を実現
③エントリーや入社強要はしないがモットー。あなたによりそったサポート体制を完備

 

それぞれの転職エージェントで保有求人が違ったりするので
最初は2つ程度登録して様子を見つつ
新たに登録するか考えた方が良いと思います。


それぞれ転職エージェントで保有している求人も違いますし
それぞれの会社に特色があるので
自分でサイトを確かめてみて合いそうだなと思ったサイトに登録してみましょう!

 

たまに勘違いされてる方がいますが
転職エージェントは大手だから良いとか名前が知らないから駄目とか
そういうものではありません。

ついてくれる担当の方が重要です!
1にも2にも本当にこれが大事です!

 

先ほども書きましたが担当の人が合わないなと思ったら
会社に連絡してすぐに変えてもらうか
別の転職エージェントサイトに登録するかがおススメです。

まとめ

転職エージェントのメリットとデメリットは、

 

メリット→

①自分では探し切れない求人に出会える!
②面接の総合対策をしてくれる!(履歴書・職務経歴書・面接対策等)

デメリット→
①担当差がかなりあり駄目な担当にあたると
転職がスムーズにいかない事もある
②エージェント都合で企業を薦められる事もある

 

というのが元転職エージェントの僕が教えるメリット・デメリットです。
志望動機や退職理由って自分で考えてても中々まとまらない方も多いと思うので
転職活動をうまくいかせる為には
面接対策もしてくれて求人も紹介してくれる転職エージェント「も」
使って転職活動をすることをおススメします!

 

 以上、

【元転職エージェントで面接アドバイザー】のケイタでした!
皆さんが面接に受かりますように(*´ω`)

★追記

この記事はエージェントのメリット・デメリット書きましたが
下記記事は
「そもそも転職活動失敗しないようにするためには?」
という内容で書いていますのでよろしければ参考にしてください!

www.mensetsu.work

 

東京都からの委託による事業のため、利用はすべて無料!安心サポート!