面接が得意になるブログ

面接に立ち会う事800回。【応募する人】【採用する人】両方の気持ちがわかるケイタが面接が得意になる方法を綴ります!

「6ヶ月間契約社員」と書かれた求人の本当の理由


f:id:mensetsublog:20191122001036j:plain



 

先日、こんなツイートをしました

 

 

なぜ6ヶ月程度は契約社員でその後正社員登用になるという求人が多いのか。

 

結論から書くとツイートでも書いた通り、

1つの可能性として契約社員などの「非正規雇用」から

正社員などの「正規雇用」に転換すると企業に国から

助成金が入る仕組みになっている為、

わざと最初は契約社員から雇用する場合があるからです。

 

僕はエージェント時代、

この助成金を活用する企業の人材確保に協力していた事もあるので

仕組みをよく理解しています。

 

求人を探す皆さんが本当の理由を知っていれば

プラス面はあってもマイナス面はないと思うので

詳しく書いてみますね。

 

 

契約社員が6ヶ月の理由 

 

求人票を見ていると

「6ヶ月間は契約社員」

「その後正社員登用制度あり」

などど書かれた求人をよく見かけると思います。

 

これの隠れた本当の理由は、

 

①基本的には正社員登用するが

6ヶ月以上非正規雇用(契約社員やパート)で雇用した後に

正規雇用(いわゆる正社員)に転換すれば

国から助成金がおりる為、わざと最初は契約社員で雇用し

期限がすぎるとほぼ正社員登用になる場合

 

②本当に優秀な人しか正社員にするつもりがなく、

一応正社員登用制度とは記載しているが登用率が低めの場合

 

 

大きくわけると上記2パターンにわかれます。

 

ちなみに助成金というのはこちら

www.mhlw.go.jp

 

この助成金は、景気の悪化から簡単に解雇できない正社員を雇用するよりも、

都合良く使える契約社員などを積極的に雇用する社会問題が一時期起こりました。

 

正社員と非正規社員との間で雇用の格差が拡大し、

先行き不透明で雇用も安定しない事で

国が助成金を出すから正社員で雇用しなさいという制度ができ、

最近よく聞く「働き方改革」の一環として登場したのが

この制度という事みたいです。

 

 

①のパターンは元々基本的には正社員で雇うつもりなので、

雇用形態は契約社員であるものの正社員と給与条件は変わらないパターンが多いです。

一番の違いは正社員は「雇用の期間の定めはない」のですが、

契約社員の場合は「6ヶ月間」という雇用期間の定めがあり

何か問題があると会社側から契約満了という事で

切られる可能性があるという事です。

 

ただ、よほど勤務態度が悪いとか問題を起こすとかをしない限り

首を切られる状況にはならないと思いますし

雇用形態は「契約社員」ですが給与条件も変わらないので

面接時に①のパターンの求人と確認ができれば

あまり心配する必要はないと思います。

 

 

②の場合は、正社員になる為には企業により色々と条件があったりして、

なかなか正社員になれない場合があるので、

この求人の場合はよほどそこで働きたいという理由がある以外は

あまりおススメしません。

 

求人の見分け方 

上記①・②の見分け方は面接で

「正社員登用率はどれくらいですか?」

「正社員登用条件はどのようになっていますか?」

と質問する事です。

 

正社員登用率が8割~9割以上という答えだと①の場合の可能性が高いですね。

逆に2~3割くらいという回答や面接担当が動揺する、何か隠しているような

雰囲気があった場合は②に当てはまる可能性が高いです。

 

よほどその企業で働きたいという理由があれば別ですが、

そうでなく正社員を目指しているのであれば

入社後苦労するであろう②の企業はあまりおススメできません。

 

正社員登用条件については簡単な面談や、

仕事を理解しているか確認するための簡単な試験がある場合がほとんどですが、

それまでに問題なく業務をこなしているようでしたら、

難しいポイントにはならないと思いますので安心してください。

 

まとめ 

「6ヶ月間契約社員」という求人をよく見かけますが

この本質を知っていればあまり心配する必要はありません。

 

面接時に「正社員登用率」や「正社員登用条件」を確認し

助成金活用の為の求人とわかれば、

他のポイントは良いのだけど最初が契約社員というのが心配・・

という事を気にせずに入社するかしないかを判断する事ができます。

 

今日書いた事は皆さんの転職活動の知識として知っていて損はないと思いますので

求人の条件を見る時に役立ててくださいね!

 

 

以上【面接アドバイザー】ケイタでした。

皆さんが面接に受かりますように(*´ω`)