面接が得意になるブログ

面接に立ち会う事800回。【応募する人】【採用する人】両方の気持ちがわかるケイタが面接が得意になる方法を綴ります!

【例文あり】面接アドバイザーによる面接「自己紹介」の話し方例

f:id:mensetsublog:20190901005031j:plain



 

 どうも【面接アドバイザー】のケイタです。

 僕は仕事柄、面接に800回程度立ち会い

キャリアコンサルタント】として→【面接に応募する人の気持ち

人材募集コンサルタント】として→【面接で採用する人の気持ち

の両方の立場でお仕事をしてきたので両方の立場の気持ちが理解ができる

【面接アドバイザー】です。

これを読めばあなたも面接が得意に!

 

僕の自己紹介はこちらから↓↓

 

www.mensetsu.work

面接の自己紹介の仕方

 

今回のお話は、面接の自己紹介についてのお話です。

面接の時に、「簡単に自己紹介をお願いします。」と言われて何も準備をせず臨んだため、

あたふたしてしまった経験はありませんか?

一度自己紹介について自分の中で整理できてしまえば、そんなに難しい事ではないですし、(自分の事ですしね笑)

 

基本的な自己紹介のベースがあれば面接のとき以外、

例えば入社してからの自己紹介やプライベートで初対面の相手にもアレンジして使えるので、

この記事を読んで是非自分の中で理解・整理してスラスラと話せるようになりましょう!

 

たまに自己PRと勘違いする方もいらっしゃいますので気を付けてくださいね!

簡単に言えば、

自己紹介自分はこんな人です!よろしくお願いしますねー。

自己PR自分を雇ってくれればあなたの会社にとってこんなメリットがありますよー!

という事です。

自己PRについては次回でお話します。

 

自己紹介については、あまりダラダラ話をしても逆に印象が悪くなるので30秒~1分程度で話せる内容がベストです。

 

 

中途採用の場合

中途採用の場合は主に職歴にそっての自己紹介になると思います。 

未経験応募の場合と同職種の応募でも多少異なるので

例文を参考に自分なりにアレンジしてみてください!

 

 

未経験の仕事への応募の場合

 

例文

はじめまして。(自分の名前)と申します。

今までは〇〇や△△など◆◆の業種で勤務をしてきました。

〇〇では☓☓を、次の△△では̻▢▢や☆☆といった業務を担当しておりました。

今回ご応募させて頂いたお仕事は経験がないですが、御社の求人を拝見し★★に元々興味があったこともあり異職種でのチャレンジにはなりますがご応募させて頂きました。

未経験でのチャレンジで1からにはなりますが、一つずつ仕事を覚え早く社内でも溶け込めるよう努力したいと思っています。

本日はよろしくお願い致します。

 

 

例文を一つあげてみました。

これを一つの参考に自分なりのアレンジをして頂くとあなただけのオリジナル自己紹介文が出来上がります。

自分では中々考えられない・・という方は上記の文を参考に〇〇や△△の所を自分の経歴に当てはめてみましょう!

これをそのまま言えるだけでも十分あなたへの評価は高まります!

 

 

同職種での応募の場合

 

同職種の場合は企業も経験枠として採用を考えますのでもう少し掘り下げた自己紹介にしましょう。

 

★営業の場合

例文

はじめまして。○○と申します。

私の今までの経験としましては主にbtobの営業担当として新規開拓の営業、内容としてはか電や飛び込み営業などで新規開拓の営業を担当しておりました。

また○では

新規開拓営業に合わせて既存顧客への新規ご提案、また営業チーム5人のリーダーとしてマネジメント業務もこなしておりました。

今回は求人を拝見し、今までの経験を生かし御社に貢献できるのではないかと思いご応募させて頂きました。本日はよろしくお願い致します。

 

★接客業の場合

例文

 はじめまして。○○と申します。

私は〇〇で販売スタッフとして接客業の基礎を学び、その後マネジメント業務にも携わってきました。今回接客業での応募ではありますが異業種へのチャレンジになります。今まで培った接客に対する知識と経験を活かし、また自分の視野を広げたいという気持ちとステップアップもしたいとの思いからご応募させて頂きました。

本日はよろしくお願い致します。

 

違う職種で2パターンの例文を上げてみました。

世の中には様々なお仕事があるので一概にはあてはまらない方もいらっしゃるとは思いますが、アレンジして使ってみましょう!

  

新卒採用の場合

 

新卒の方でお仕事経験がない方はアルバイトでの経験から得たものや学生生活の中で経験して自分が学んだことに関する事から、今回応募する職種に結びつけて話す事が良いでしょう。

 

 

例文

はじめまして。(自分の名前)と申します。

私は学生時代、将来何か人の為になる仕事がしたいと思い様々なボランティア活動に参加していました。

その一貫で何度か介護施設のボランティアに参加する機会があり、その時の活動の中でお年寄りと関わる事が自分の中で楽しいと感じるようになり、これを仕事にできたらという思いが芽生え始め、今回こちらの介護施設の求人で介護職に応募させて頂きました。

本日はよろしくお願い致します。

 

 

例文

はじめまして。(自分の名前)と申します。

私は学生時代に旅行・留学で海外に何度か行く経験をしました。

その中で英語を使って外国の方とコミュニケーションを取る事が楽しい事に気づき、将来的には海外と関わる仕事につきたいと考えるようになりました。

その中で御社の求人を拝見し、お仕事内容を見て海外出張や英語でコミュニケーションを取る機会があるということに非常に興味を持ち、今回ご応募させて頂きました。

本日はよろしくお願い致します。

 

 

例を2つあげてみました。

 

僕の経験からですが、面接担当は今まで何人も応募する人を見ているので「ただの暗記」だけではすぐに見抜かれます。

「自己紹介」をしっかりと自分のものにした状態で話をすれば、相手にもきちんと伝わりますので自信をもって自己紹介をしてくださいね。

 

 

まとめ

「あなたの事」は、誰よりも「あなた自身」がわかっているはずです。

今までの経験を基に自分の中でよく考えよく理解した上で自己紹介ができれば

相手にも好印象で伝わります。

 

 是非、これを機会に自己紹介の仕方を考えてみましょう!

 

最初にも書きましたが、

自己紹介自分はこんな人です!よろしくお願いしますねー。

自己PR自分を雇ってくれればあなたの会社にとってこんなメリットがありますよー!

 

という事を理解しましょう!

次回は自己PRについて書きます。

 

 

皆さんが面接に受かりますように☆彡

【面接アドバイザー】ケイタでした。